こんにちは、Takuyaです。

インターネットビジネスにおいて最も重要なスキルの一つに「コピーライティング」があります。

コピーライティングが出来ないと、どんなに集客が出来ても売れません。どんなに良い商品・サービスがあってそれを紹介しても売れません。

つまり、商品・サービスを売るためには、必須のスキルの一つなのです。

今回の記事では、これからインターネットビジネスを始める方向けに、コピーライティング概要を基礎から説明していきます。

コピーライティングの概要

コピーライティングとは、一言で説明すると、「人間心理に基づいた言葉により商品を売る技術」のことです。

はじめて聞く人は、何のことだ?と思うかもしれません。

要は、商品を売るための「言葉」や「文章術」を意味しています。

コピーライティングでは、人間の心に突き刺さる言葉を駆使し、消費者の関心をひきつけ、共感を生んで信頼関係を築き、購入という行動に駆り立てることが第一の目的です。

コピーライティングの必要性

ここでコピーライティングのスキルがなぜ必要なのかもう少し詳しく見ていきましょう。

インターネットビジネスに必要な二大スキルに、マーケティングとコピーライティングのスキルがあります。

マーケティングとは、商品に関心がある人を効率よく集めてセールスするかを意味し、集客やセールスまでのプロセスに焦点が当たっています。

一方、コピーライティングでは、商品の価値や魅力を「言葉」で伝えて行動(購入)を起こさせるもので、文章をいかに書いていくかが試されます。

 

Webマーケティング手法には、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)があります。これは、興味のあるお客さんを集めて、情報を提供して信頼関係を築き、商品・サービスを販売する手法です。

このDRMの中で、コピーライティングは、最後の販売だけではなく、集客時や教育時にも威力を発揮します。

そもそも、魅力的な文章が書けないと、最初の集客すらもままなりません。

 

DRMについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:DRMダイレクトレスポンスマーケティング(集客→教育→販売)は最強の手法

ビジネスの基本 売上の極大化

ここで少し話が変わりますが、ビジネスの基本である売上の式についてみていきましょう。

売上は、
売上 = 単価 × 販売個数
の式で表され、ここで販売個数は集客数×成約率になりますので、最終的に以下の式となります。

売上 = 単価 × (集客数 × 成約率)

 

そして、成約率に大きく影響を与えるスキルが何かと言うと、その一つがコピーライティングです。

コピーライティングが超一流の人と、全然ダメな三流の人を比べたら、成約率は大きく異なるでしょう。結果的に、それは売上の差につながっていきます。

以下のシミュレーションをご参考下さい。

◆成約率=2%の場合
売上 = 30万円×100人×2%=60万円

◆成約率=5%の場合
売上 = 30万円×100人×5%=150万円

コピーライティングの勉強方法

コピーライティングの勉強方法としては、既に確立されている成約率の高める数々のテンプレートを習得するのが王道です。

例えば、QUESTの法則、GDTの法則、PASONAの法則・・・ 等

また、現在はプロが作成している様々な広告が溢れかえっていますので、他者の広告を参考にして、気に入ったフレーズをストックしていきましょう。

そして、一番良いのは、セールスレターなどは、誰かに添削を依頼することです。

自分では気づかない、客観的な視点でアドバイスをしてくれます。

 

コピーライティングの各スキルについては、以下の記事もご参考下さい。

記事:コピーライティングの4つのNOTを攻略して成約率を上げよう

記事:コピーライティングの3つのONEを意識しないと成約率はガタ落ちします

記事:コピーライティングのラブレター理論を意識した文章を書こう!

記事:QUESTフォーミュラ(法則)を使った効果的なコピーライティングの方法

記事:OATHフォーミュラを使った効果的な商品販売レターの書き方

記事:マズローの欲求5段階説を意識したマーケティング戦略

記事:GDTの法則で成約率を劇的に高めるセールスレターの書き方

記事:PASONA(パソナ)の法則により成約率を高めるコピーライティング

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

コピーライティングのスキルが無ければ、商品を売ることは難しいので、是非、しっかりと各理論をマスターしていきましょう。





コメントを残す