こんにちは、Takuyaです。

コピーライティングにおいて、見込み客の意識レベルがどのような位置にあるのかを意識して文章を考えることは、成約率を高めていく上でも重要です。

今回の記事では、コピーライティングスキルの一つである「OATHフォーミュラ」について解説をしていきます。OATHフォーミュラでは、見込み客の意識レベルを4段階に分けて、適切なアプローチをとっていくことが出来ます。

OATHフォーミュラの概要

OATHフォーミュラとは、見込み客の問題意識レベルを4つに分ける理論のことです。

そして、上記の4つのうち、右側にいけばいくほど、商品は売れやすくなります。

大切なのは、各レベルに合わせて適切なアプローチをとっていくことです。

OATHフォーミュラの中身

OATHフォーミュラの4つの意味はそれぞれ以下の通りです。

Oblivious(無知)
Apathetic (無関心)
Thinking (考えている)
Hurting(困っている)

それでは、各意味についてそれぞれ見ていきましょう。

Oblivious(無知)

Oblivious(無知)とは、問題があるのに、それを問題として認識していない意識レベルを指します。

このレベルに対しては、問題があることを気づかせてあげることが最優先事項です。

例えば、肥満なのにそれすら気づいていない人に対して、ダイエット商品のセールスをしても全く意味がありません。

ここでは、その前の教育段階として、肥満でダイエットが必要であることを意識させることが必要となってきます。

Apathetic (無関心)

Apathetic (無関心)とは、問題を認識しているが、解決する意思がない意識レベルを指します。

ここでも商品のセールスの前に、その問題を解決した方がいいと促す教育のステップが必要となります。

例えば、肥満と認識しているが、ダイエットの必要はないと考えている人に対して、ダイエットサプリのセールスをしても効果は薄いです。

ここでは、そのまま肥満を放置すると、将来重大な病気にかかる可能性があると認識をさせましょう。

Thinking (考えている)

Thinking (考えている)とは、問題を認識して、解決する方法を考えている意識レベルです。

この層に対しては、商品やサービスの成約の可能性が高まっているので、積極的にセールスのアプローチを取るべきです。

例えば、肥満に悩み、ダイエットの解決策を模索している人に対しては、自社の商品がダイエットに有効であることをどんどん強調していきましょう。

Hurting(困っている)

Hurting(困っている)とは、問題を認識して、一刻も早く解決したいと困っている意識レベルの人達です。

この人達に対しては、成約になる可能性が極めて高く、商品の魅力を十分に伝えることが出来れば、すぐに売ることが出来ます。

例えば、何が何でも早く痩せたい!と感じている人に対して、自社のダイエットサプリを使えば、10日で〇Kgの減量が出来ますっ!とセールスをしていけば、困っている人はすぐに商品を購入する可能性が高いですね。

まとめ

まとめますと、TとHの意識レベルの人達に対しては積極的にセールスを行って問題ないですが、OとAの意識レベルの人達にセールスをしても効果がありません。OとAに対しては、まずは教育をしっかりと行い、何が問題で、それは解決した方がいいと思わせることが大切になります。

是非、参考にしてみてください。





コメントを残す