こんにちは、Takuyaです。

マーケティングの有名なモデルの一つに、「マーケティングファネル」と呼ばれるものがあります。

マーケティングファネルは、自分のコンテンツに興味を持ってくれた見込み客の動きを見る上で最適な考え方であり、利益を最大化させていく上でかなり重要です。

今回の記事では、マーケティング初心者の方向けに、マーケティングファネルとは何か?そしてインターネットビジネスにおいてはどのような使い方があるのかについて説明をしていきます。

 

マーケティングファネルとは何か?

マーケティングファネルとは一言で説明すると、「幅広く集客し、見込み客を絞っていく流れを示したもの」です。

そもそも、ファネルとは、理科の実験でよく使う漏斗(下図)のことであり、上から下にいくにつれて、不純物が取り除かれ、より選別されたきれいな液体だけが下に流れます。

 

 

そして、これをマーケティングの世界に応用したのが、マーケティングファネルです。

マーケティングファネルでは、上層部は見込み客であり、最初にコンテンツに接触する層です。この層では、数は一番多いですが、質としては一番悪いです。

つまり、まだ購入するかどうかは分からない人達がたくさんいるということです。

 

そして、一つ下の層が、反応顧客です。ここでは、最初にコンテンツに接触し、「このコンテンツ面白いな!」と興味を持ってくれた人たちのことを言います。

まだ購入するかどうかは分かりませんが、購入を検討してくれている人達であり、質はかなり上がります。

 

一番下の層が、購入顧客です。ここでは、購入を決断してくれた人たちが残り、一番大事にしなければいけない層の人達です。

 

このように、上から下にいくにつれて、数はどんどん減っていきますが、興味がない人達は途中で消えていきますので、質の高い顧客のみが残っていきます。

インターネットビジネスのマーケティングファネル

では、インターネットビジネスにおけるマーケティングファネルがどのようなものか見ていきましょう。

 

インターネットビジネスにおいては、最初の層は、ブログ訪問者やSNSを見てくれる人たちのことです。

マーケティングファネルの使い方は後で説明しますが、ここではいかにこの数を増やすかが重要です。

コンテンツに接触してくれる人が少なければ、どんなに頑張っても購入者は少なくなります。

 

次に、一つ下の層は、メルマガやLINE@などに登録してくれた人たちを指します。

コンテンツに興味を持ってくれて、更に詳しく知りたいと登録をしてくれた人たちです。将来の購入者につながっていく人たちなので、ここもかなり重要です。

 

そして最後が、実際に有料教材やコンサルを購入してくれた人たちです。将来的にはリピーターになってくれる可能性があるので、一度購入してくれた人をいかにがっかりさせないかも大切です。

リストのマーケティングファネル

では次は、リストにマーケティングファネルを使ってみましょう。

こちらも同様に、下に行けば行くほどリストの数は減りますが、その分濃いリストになります。

一番上は協賛リスト。これは、無料レポートスタンドで協賛リストとして獲得できるものです(無料レポートをダウンロードする時に、他社のメルマガにも登録しないといけませんが、それです)。

 

そして、その下が無料レポートをダウンロードしてくれた人のリスト。これもまだ、氏名のオプトインが取れていないので、薄いリストです。

 

メルマガ登録してくれたオプトインリストは、濃いリストとなり、将来の購入者になる可能性を秘めたリストです。

その中から、メールで問い合わせをしてくれたり、Skypeで音声相談をする更に濃いリストが生まれ(反応リスト)、将来の購入者リストやリピーターリストに変わっていきます。

マーケティングファネルの使い方

では最後に、このマーケティングファネルの使い方ですが、ズバリ、今のビジネスの現状の問題点を洗い出す上で重宝します。

例えば、ブログにアクセスも増えてオプトインリストが集まっているのに、全然問い合わせも無ければ商品も売れない場合、オプトインリストに対して価値ある情報を提供できていない可能性があります。

オプトインリストに対して、いかに信頼関係を構築し、購買意欲を高めていくかを考えていく必要があります。

一方、もし購入者や反応リストが全然少ないという状況であれば、そもそも最初のコンテンツを接触させるところで数が少ない可能性があるので、どんどん集客力を高めていく必要があります。

 

マーケティングの方法については、以下の記事もご参考下さい。

記事:DRMダイレクトレスポンスマーケティング(集客→教育→販売)は最強の手法
記事:フロントエンド・バックエンドのマーケティング戦略について

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

是非、マーケティングファネル戦略をマスターし、マーケティングを強化していきましょう。





コメントを残す