こんにちは、Takuyaです。

マーケティング手法の一つに、バイラルマーケティングと呼ばれる手法があります。

これは一言で説明すると、人々の口コミを使用して少ないコストで集客を行っていく方法です。

ひと昔前であれば、口コミだけでマーケティングを行うのは難しかったと思いますが、ネット社会が広がりSNSが普及してきた今では、資本の少ない中小企業や個人であっても、このバイラルマーケティングを上手く活用することで、爆発的な勢いで見込み客を集めることが可能です。

今回の記事では、そもそもバイラルマーケティングとは何か?そして、どのような手法で口コミを引き起こしていくことが出来るのか、一次的バイラルと二次的バイラルとでそれぞれ分けて解説していきます。

バイラルマーケティングとは?

まず、バイラルマーケティングの「バイラル」とは、英語で「Viral:ウイルス的」なという意味で、ウイルスが周りに感染していく様子に似ていることからその名が付いています。

通常であれば、商品の存在を多くの方に知ってもらうためには、莫大な広告費をかける必要があります。

しかし、資金力に乏しい個人や中小企業の場合には、中々広告費をガンガン使って集客を行っていくことは難しいと思います。

そんな時、有効なのがこのバイラルマーケティングです。

バイラルマーケティングでは、口コミを使用して低コストで集客を行っていく手法なので、広告費を投じることなく低コストで商品の認知度を広げていくことが出来ます。

現在では誰もがネットを使う環境が整っており、また最近だとSNSの普及によって爆発的に口コミが広がりやすい環境となっているのです。

バイラルの種類について

バイラルマーケティングの手法の説明に入る前に、バイラルの種類について説明します。

バイラルマーケティングには、一次的バイラルと二次的バイラルの二種類があります。

<バイラルの種類>
 〇一次的バイラル
⇒自然発生的に生じる口コミ

〇二次的バイラル
⇒インセンティブ(便宜・報奨)により意図的に発生させる

 

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

一次的バイラル発生の仕組み

一次的バイラルとは、自然発生的に生じる口コミを使用したマーケティング手法です。

では、どのような時に一次的バイラルが起こるか?

それは皆さんも経験があると思いますが、以下のようなケースです。

1.思わず誰かに話したくなるような感動を得た時
2.圧倒的な価値を受け取った時
3.自己肯定感(自分は価値ある存在だ)が高められる時
例:俺ってこんなすごい情報知っているんだよ

 

人は誰でも、何かものすごい感動を得た時や圧倒的な価値を受け取った時、それを誰かに伝えたくてたまらない衝動にかられます。

そして、商品やサービスの感想を、FacebookやTwitterなどに書く方もいるでしょう。

この流れで発生するのが一つ目の一次的バイラルです。

また、自己肯定感(自分は価値ある存在だ)が高められる時も、この一次的バイラルが発生します。

これはどういう時かと言うと、権威性のあるものや商品、価値ある情報やサービスなど、それを自分が利用したことを回りに伝えれば、自分自体の価値の上昇が期待できる場合に発生します。

例えば分かりやすい例で言うと、世界に10個しかないブランドバックがたまたま購入出来た場合、それを伝えることで「この人、すごい!」ってなることが期待できることから、口コミを行う場合です。

二次的バイラル発生の仕組み

次に、二次的バイラルマーケティングですが、これはインセンティブを付けることで意図的に口コミを発生させる手法です。

では、どのように二次的バイラルを引き起こすか?

これは、よくある手法としては、Facebookで「イイね」や「シェア」をしてくれたら特典をプレゼントしたり、コンテンツの感想を書いてくれたら特典をプレゼントするものです。

また、お金をかけてアフィリエイト(費用発生)で紹介してもらい、強制的に認知度を上げていく方法ございます。

 

ソーシャルメディア(SNS)を使ったマーケティングについては、以下の記事もご参考下さい。

記事:ソーシャルメディアマーケティングとは?最新の方法や情報を解説

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

バイラルマーケティングは低予算で上手く行えば爆発的に集客を行っていくことが出来ますので、是非、有効に活用していきましょう。





コメントを残す