あなたはドリームキラーって言葉を聞いたことがありますか?

人生において大きな決断をし、成功を成し遂げたければ、このドリームキラーの言葉に耳を傾けてはいけません。

今回の記事では、ドリームキラーとは何か?そして、どうしてそれが成功する上で障害になるのかについて説明をしていきます。

ドリームキラーは身近なところにいる

ドリームキラーは、あなたの夢の実現を邪魔してくる人達のことを言います。

そして、残念なことに、あなたの身近なところにいる家族、親戚、親友、友人、同僚、上司、恋人 などがドリームキラーとなってしまいます。

 

例えば、私が起業を決断した時、

親 「メガバンクにいたら一生安泰なのに気でも狂ったか?」
友人「キャリアを捨てるなんてもったいない」
会社「本当に辞めて成功できるの?」
恋人「夢ばっかり追い求めていないで、真面目に働きなさい」

などの意見を言われました。

もちろんみんな、私のことを心配して意見を言ってくれているのですが、成功したければこれらの話に耳を傾けてはいけません。

成功者は絶対に否定をしない

基本的に、あなたの夢を既に実現している人は、絶対に否定してきません。

なぜなら、その人は既にそのステージを知っているため、前向きな助言をしてくれるのです。

逆に、ドリームキラーとなる人は、そもそもそれらの経験がないので、何もない経験則からの助言になってしまい、全く参考にならないのです。

なので、相談する時は、出来るだけあなたの目指すステージにいる人にするようにしましょう。

人は「やる気レベル」で集まる

人は、同じやる気レベルの人同士で集まる傾向があります。

やる気のレベルですので、ここに、今現時点の実績は全く関係ありません。

そして、やる気レベルの高い人は、これから上を目指すやる気を持った人を持ち上げる人が多いです。逆に、やる気レベルの低い人は、ネガティブなエネルギーで溢れていますので、一緒にいない方がいいでしょう。

もし成功したいならば、出来るだけ、高いやる気レベルを持った人たちと関わるようにしましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

ドリームキラーは本当に身近なところにいて、心配してくれるという意味ではありがたいのですが、もしやる気レベルが違うと感じたら、少しだけ距離を置くようにしましょう。

大切な方が多いと思いますので、縁を切るということは必要ありません。





“成功したければドリームキラーを徹底的に排除しよう!” への1件のコメント

  1. 確かに周りに沢山のドリームキラーがいます。
    親、兄弟、同僚どれも当てはまります。
    このドリームキラーという単語は初めて聞きます。
    自分の夢を邪魔するだろう存在はどんなのかは昔から知っていたので、それに当てはまる言葉があることに少し驚いています。
    自分は自分の夢を邪魔されるだろうことがすでに分かっていたので副業については身近にいる人間ほど知らない状態しています。

コメントを残す