こんにちは、Takuyaです。

インターネットビジネスで、集客をして、しっかりしたステップメールを書いて、いざ商品販売をしようとしても、思った程売れない!ということが起こり得ます。

今回の記事では、商品販売を行う前の段階で、消費者に小さな行動を積み重ねてもらい、最終的に成約へつなげていくテクニックについて紹介します。

行動の積み重ねが成約へつながる

ダイレクトレスポンスマーケティングは、興味のあるお客さんを集めて、情報を提供して信頼関係を築き、商品・サービスを販売する手法です。

そして、最後でいよいよ商品販売を行っていくわけですが、ここでもクロージングのテクニックが必要になってきます。

では、どのように成約率を上げることが出来るのか?

その方法の一つに、商品購入という一番大きな行動の前に、いくつかの小さな行動を積み重ねてもらう方法があります。

行動のステップ

マーケティングの流れの中で、消費者の方がする一番大きな行動は「購入」です。

しかし、例えば、メルマガ登録をして、その後、すぐに「購入」という行動に移れるかというと、ハードルは一気に上がり難しいです。

そこで、購入の前に、「感想や質問」「アンケートや音声面談」といったいくつかの小さい行動を促し、行動することに慣れてもらうのです。

そして、最後の最後ので、購入という大きな行動をしてもらいましょう。

このステップを踏むことで、成約率は格段にアップします。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

商品販売のクロージングは、普通にやっていたら中々上手くいきません。

正しい手法をしっかりと理解し、戦略を練って行っていきましょう。





コメントを残す