こんにちは、Takuyaです。

前回の記事では、「オリジナルコンテンツ(独自有料商品)を作成・販売する方法」について説明しましたが、今回の記事では、そのオリジナルコンテンツを販売する際の注意点について解説をしていきます。

気を付けなければならないポイントがいくつかありますので、しっかりと理解しましょう。

オリジナルコンテンツの概要

インターネットビジネスでは、あなたの知識・経験を商品やサービスとして販売することが出来ます。

よくある商品の例としては、以下の通りですね。

・副業で稼ぐ方法(アフィリエイト、物販・・・など)
・投資で稼ぐ方法(株、FX、不動産、仮想通貨)
・健康関連(ダイエット、美容など)
・勉強関連(英語、資格、大学受験、暗記など)
・生活(恋愛、結婚など)

記事:オリジナルコンテンツ(独自有料商品)を作成・販売する方法

 

では、それらの商品を作成する際に、どのような点に注意していけばいいのでしょうか?

オリジナルコンテンツ作成時の注意点

オリジナルコンテンツ作成時の注意点としては、以下のものがあります。

① 本当に効果があるかどうか?
② 値段と内容は相応かどうか?
③ オリジナリティーがあるかどうか?

それでは、一つずつ見ていきましょう。

①  本当に効果があるかどうか?

月収10万円をアフィリエイトで稼ぐ方法を販売した時、購入者がその方法を再現できなければ、それは販売者の責任です。

もちろん、購入者にも最低限の努力や作業が必要なのは言うまでもありませんが、「自分だけ稼げればいいや」という思考を持つことはNGで、販売者は購入者を稼がせることに中直しないといけません。

②  値段と内容は相応かどうか?

二つ目の注意点は、値段と内容は相応かどうか?です。

例えば、30万円の高額塾を販売したとき、テキストだけ配布で、サポートもほとんどないは完全にアウトです。

事前に、値段に見合ったコンテンツをしっかりとそろえ、圧倒的な内容を提供して、購入者に満足してもらうようにしましょう。

③  オリジナリティーがあるかどうか?

最後、三つ目の注意点は、オリジナリティーがあるかどうか?です。

例えば、副業で稼ぐ方法を販売した時、それが誰かのコンテンツの丸パクリではいけません。

結果的に、それはブランドの崩壊につながり、一時的には稼げるかもしれませんが、中長期的な発展の可能性は低いです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?





コメントを残す