こんにちは、Takuyaです。

インターネットビジネスで大きな利益を狙っていく上では、アフィリエイトや物販などだけやっていても限界があります。

月収数百万円~数千万円と稼いでいる人達は、必ずと言っていい程、オリジナルコンテンツ(独自有料商品)を販売しています。

でも、自分には難しいかな~、と感じる方もいるでしょう。

大丈夫です。インターネットビジネスでオリジナルコンテンツを作って販売することは、正しい知識があれば誰でもできます。

今回の記事では、そのオリジナルコンテンツ(独自有料商品)を作成・販売する方法について説明していきます。

オリジナルコンテンツは何を作ればいいか?

インターネットビジネスでは、あなたの知識・経験がお金になります。

現在は情報化社会です。情報化社会とは、『情報』が諸資源と同等の価値を有し、それらを中心として機能する社会のことを指します。

そして、情報は、無料のものから有料のものまで様々ありますよね。

みなさんも、インターネットで無料で情報を手に入れる時から、お金を支払って有料で情報を仕入れる時もあると思います。

ここで、あなたも有料販売者と同じように、あなたの今までの経験・スキル・知識などを、価値ある情報として販売することが可能なのです。

コンテンツの具体例

オリジナルコンテンツの分野は問いません。

全ての情報がお金になります。

例えば、よくある例としては、

・副業で稼ぐ方法(アフィリエイト、物販・・・など)
・投資で稼ぐ方法(株、FX、不動産、仮想通貨)
・健康関連(ダイエット、美容など)
・勉強関連(英語、資格、大学受験、暗記など)
・生活(恋愛、結婚など)
などですね。

そして、当たり前ですが、オリジナルの情報であればあるほど、価値が高く、高額で売ることが出来ます。

誰かの真似をしていても、そこに付加価値は付けられません。

コンテンツの作成方法

コンテンツの作成方法としては、以下の方法があります。

・WordやPDFの文章
・パワーポイントによる資料
・動画コンテンツ

ネットビジネスのメリットには、①経費がほとんどかからない、②複製が容易(大量生産が可能)などがありますので、自分オリジナルのコンテンツを販売し、それがヒットすれば、爆発的な利益を得ることが可能です。

コンテンツの販売方法

ではそのコンテンツをどのように販売していくのか?

インターネットビジネスでは、以下の流れが一般的でしょう。

・情報発信用メディア(WP, SNS, You Tube)を作成
・ブランディングを強化
・ダイレクトレスポンスマーケティン(集客→教育→販売)

つまり、メディアを育ててブランドを強化し、集客をして教育、販売というダイレクトレスポンスマーケティングに沿って商品を販売していくのです。

ダイレクトレスポンスマーケティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:DRMダイレクトレスポンスマーケティング(集客→教育→販売)は最強の手法

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

インターネットビジネスのいいところはリスクが無いところなので、是非、現在会社員の方も挑戦してみるのがいいかもしれません。





コメントを残す