Webライターとは

そもそもWebライターがどんな仕事なのかというと、WEBサイトの記事を書いてお金をもらう仕事です。

インターネット上にはたくさんのサイトがあり、それぞれに色んな記事が追加されています。

この記事を書く作業のみを行い、サイト運営者やメディア所有会社から報酬を得るという仕組みです。

近年クラウドソーシングが副業として流行しましたが、Webライターもこの流れで急速に浸透していった仕事になります。

基本的にPCでの作業になるので、時間や場所の制約を受けずに仕事ができ、在宅でも可能なので主婦の人にも人気の仕事となっています。

さらに、Webライターは仕事のクオリティもライターによって大きく異なり、実力をつければ大きく稼ぐこともできる仕事です。

副業に最適なWebライター

専業ライターとして多額の報酬を稼ぐWebライターもいますが、一般的には副業として稼いでいる人が多いです。

なぜなら、PC一つあればできる仕事であり、特別求められるスキルもないので誰でも始められる手軽さがあるからです。

インターネットの広告予算が高いので、Webライターの報酬も比較的高く、時給換算してもアルバイトより稼げる仕事がたくさんあります。

このように、自由度の高さと稼げる要素から、Webライターは副業として最適な仕事であると言えます。

ただし、仕事の内容はピンキリで、色んなジャンルでの記事執筆が可能なぶん、仕事選びや獲得が大変です。

さらに、案件やクライアントによって報酬相場もまちまちです。稼げない仕事もたくさん存在しているので、誰でも簡単に稼げるわけではないという点に注意が必要です。

Webライターの業務内容

Webライターは記事を書く仕事なので、PCで文字を入力し、読者にとって読みやすい文章を作成しなければなりません。

また、依頼内容には書いて欲しい内容や紹介したいサービスがあり、それを分かりやすく説明したり紹介したりしないといけません。

ただ単に好きなように文字を書くわけではなく、与えられた文字数や納期、文章の書き方を遵守して記事を執筆することが業務内容となります。

最初はどういう構成で書けばいいのか、どういう表現や伝え方が適切なのかなど、戸惑う部分が多くて調べる時間が増えていき、難しく感じる人が多いでしょう。

ある程度慣れるまでは時間もかかりますし、納得いく出来の記事が書けないことも多いです。修正や手直しが多くなりがちなので根気が必要でしょう。

Webライターとして稼ぐための5つのノウハウ

Webライターとして稼ぐには、きちんとしたノウハウを身につけないといけませんが、あまりそのノウハウは出回っていません。

なぜなら、Webライターという仕事は明確には存在せず、ここ数年で急増した副業だからです。

実際にどういうノウハウを身につけた方がいいのか、実践的なものを厳選して紹介します。

専門知識を身につける

まず一つ目は、専門知識を身につけて他のライターと差別化することです。

Webライターはクラウドソーシングなどのサービスに多数存在していて、なんでも書けるジャンルの記事は書き手がたくさんいます。

たとえ安い単価であっても仕事を受けたいと考えている人が多いので、値段交渉では不利になってしまいます。

単価の相場がない世界なので、安くても記事を書きたいという人がいれば、その人に任せればいいということになってしまいます。

そのためにも、他の人では書けないような専門性があれば、多少単価が高くても仕事を依頼されるようになります。

良質なクライアントを探す

Webライターは会社から委託も多いですが、個人でWEBサイトを運営している人も多く、クライアントはピンキリになります。

少しでも高い単価を出してライターに還元するクライアントもいれば、できる限り安く仕事を依頼したいという人もいます。

現状では後者の方が圧倒的に多いので、クライアントの厳選もWebライターには欠かせない作業です。

具体的には、一度仕事を依頼してみて、仕事をした感じの流れで判断してみるといいかもしれません。

実績を作って提案する

Webライターは実績がかなり大事で、過去にどんな記事を書いたのか、その人にどんな経歴があるのかがかなり重視されます。

例えば、元編集者の人であれば高い文章力が期待されますし、資格を持っている人はそのジャンルではエキスパートとしてみなされます。

誇れる経歴がないという人でも、過去に書いた記事のURLを見せることで、ライターとしての能力をすぐに伝えることが可能です。

他のライターと差別化する意味でも、この実績という部分は重要なので、提案する際に活用していきましょう。

執筆可能ジャンルを増やす

Webライターの仕事はかなり広いジャンルの記事作成であり、レパートリーが多い方が受注できる仕事の数も増えてきます。

過去の経歴も関係してきますが、本を読んで勉強したり、資格取得などで知識を増やしてジャンルの開拓をすると稼げるようになります。

特にWebライターの仕事でも単価の高い金融や保険といったジャンルの記事が書けるようになると、単価がグッと上がりやすいですね。

SEOを勉強する

最後に少し難しいのですが、WebライターであればSEOの勉強が必須となります。

WebライターにおけるSEOとは、googleの検索エンジンに適した記事を書けるかどうかという意味です。

SEOに関しては勉強するとキリがないですが、過去にどういった記事で検索上位を取れているのか、あるいは知識があるアピールができるとクライアントに好まれます。

キーワードや見出し、タイトルなんかはSEOに直結するテクニックなので、絶対に勉強しておきましょう。

Webライターで収入はどれくらい見込めるのか

肝心なのはWebライターがどれくらい稼げるのか、という点だと思います。

これはピンキリなので一概には言えませんが、Webライターの仕事は文字単価で表現されることが多いです。

もっとも一般的な単価は文字単価1円と言われています。3000字の記事一つで3000円の報酬です。

この単価よりも低い案件がクラウドソーシングにはたくさんありますが、0.5円以下になるとアルバイトよりも稼げないので、個人的にはオススメしません。

逆に文字単価を2円とか3円にまで上げることができれば、サラリーマンの手取りくらいは1ヶ月で稼げるかと思います。

まとめ

以上がWebライターで稼ぐために必要なノウハウについてでした。

一番大事なのは他のライターとの差別化です。

この差別化をする方法は多岐に渡りますが、一番手っ取り早いのは過去の経歴でアピールし、自分は何が得意なライターかをきちんと決めることです。

特定のジャンルで執筆を続けていれば、大きな仕事が依頼されるようになりますし、執筆速度も上がるので効率がよくなります。

まずは簡単な仕事から始めてみて、Webライターとして稼ぐ感覚を身につけましょう。





“【副業に最適】Webライターで稼ぐために知っておきたい5つのノウハウ” への1件のコメント

  1. こんにちは。

    松千代です。
    今回の記事も勉強になります。ありがとうございます。
    差別化、SEO対策。。。
    特に自分の色を出して、差別化することを意識しないと
    いけないのですね。

    また、訪問させていただきます。

コメントを残す