家にいながら好きな時間に仕事ができる在宅ワークをしたいという人は多いです。

家事や介護、勉強などでまとまった時間が取れない人や副業で収入を増やしたいという人は、家で自分のペースで仕事ができれば理想的ですよね。

とはいえ、在宅ワークのほとんどは大したお金にならない、時給換算するとやってられないような仕事で溢れているのも現実です。

そこで今回は、副業感覚で誰で始められる在宅ワークをいくつかご紹介します。

この記事で自分に合った在宅ワークを見つけられれば、今よりも収入アップが見込めるので是非とも参考にしてください。

在宅ワークは稼げるのか

「そもそも在宅ワークって稼げるの?」と疑問に思う方も多いはず。求人やクラウドソーシングで募集している在宅ワークを見たことがある人の多くは、絶対に稼げないと思っているのではないでしょうか?

一口に在宅ワークと言っても、かなりの種類の仕事が存在しています。

つまり、「稼げる在宅ワークと稼げない在宅ワークがある」ということなんです。

求人やネットでよく見る在宅ワークは誰でもできる&やっている人が多いため、ある程度報酬が低くても人手が集まりやすいために稼げなくなっています。

このことから、誰でもできる在宅ワークではなく自分なりの付加価値や参入障壁の高い仕事を選ぶことで、自然と稼げる金額が上がっていくことが分かります。

在宅で稼ぐ方法

ではここから具体的にどういう在宅ワークが稼げるのか紹介し、それぞれ詳しく解説していきます。

サイトの記事を書くWebライター

Webライターはインターネット上のサイトにある記事を書く仕事です。

PCさえあれば誰でもできる仕事でありながら、専業で仕事をしている人はサラリーマン以上の収入を得ている人も珍しくありません。

記事を書く際に求められる知識やライティング能力、ジャンルによって単価はかなり変動しますが、慣れればタイピング速度も向上するので時給アップも比較的容易です。

Webライターの仕事はクラウドソーシングで受注するケースが一般的ですが、個人で依頼を受けるレベルになれば1記事当たりの単価も高くなります。

誰でもできるデータ入力や文字起こし

データ入力や文字起こしは指示された文章をタイピングして打ち込んだり、音声ファイルをテキストファイルに書き換える簡単な作業のことです。

これらは全てPCがあればできる仕事であり、中にはスマホでも可能な仕事があるほど手軽にできる作業となっています。

Webライターよりも専門知識などが不要な分、簡単なのがメリットです。ただしできる人が多いので単価はやや低めです。

データ入力や文字起こしで稼ぎたい人は、クラウドソーシングで大量に仕事を受注して一つの作業にかける時間を減らすのが効率的な方法です。

絵が描けるならイラスト制作

イラスト制作は主にWebコンテンツに必要なイラストを描いて納品する仕事です。

専門的なスキルやツールが必要なので参入障壁が少し高いですが、スキルがあれば在宅で仕事ができるのでおすすめです。

仕事の獲得方法は、クラウドソーシングで受注するか、過去の作品をポートフォリオとしてSNSで発信するのが効率的です。

イラストは個性が出やすいので、一人のクライアントに気に入られれば継続的にお仕事を受注できる点がメリットですね。

転売ビジネスのせどり

せどりは商品の仕入れと販売額の差額で稼ぐビジネスです。

今はメルカリなどのフリマアプリで誰でもネットショップを持てる時代なので、個人で商品を仕入れて販売するといった稼ぎ方が可能です。

常に市場価値や出回っている商品に気を配る必要があるので大変ですが、コツを掴めば安定的に高収入を得られる仕事となっています。

仕入れや発送といった作業が必要になるのが難点ですが、やり取りや商品の出品は在宅でできますし、好きなタイミングで発送作業をすれば時間の制約を受けにくいので自由度は高めです。

 

参考記事:メルカリ転売で楽に稼げるおすすめ商品10選!仕入先はどこが良い?

ブログやサイト運営で広告収入を稼ぐ

ブログやサイトを運営し、広告を貼って収入を得ることも可能です。

家にいながらPC一つでサイトを開設でき、コツコツと記事を書いてアクセスを集められれば収入につながります。

最初はサイト開設・記事の書き方・広告関連などの知識が必要なので覚えることが多く、収入が安定するのに時間がかかるのがデメリットです。

ただ、ブログなどのサイトは一度収益を増やせれば、安定してお金が稼げるというメリットがあります。

参入障壁がやや高いものの、稼げるようになれば収入の振り幅はかなり大きいですね。

モニターやポイントサイトでコツコツ稼ぐ

在宅で稼ぐ方法として、モニターやポイントサイトといったサービスを利用する方法もおすすめです。

モニターはいろんな種類がありますが、アンケートに答えるものもあれば、サービスを実際に利用してレビュー報告をする仕事まで様々です。

報酬も案件によってピンキリですが、短時間で稼げる内容が多いのが特徴的です。

ポイントサイトは短期間で稼ぐのは難しいですが、毎日コツコツとログインやサービスの利用をしていればお小遣い程度には稼ぐことも可能です。

難しいことは苦手だけど、コツコツと仕事するのは苦ではない人におすすめです。

在宅ワークの注意点

いろんな在宅ワークがあるということは分かっていただけたと思いますが、ただ闇雲に仕事を探して挑戦すればいいという訳ではありません。

在宅ワークは人気でやりたい人が多いため、そういった人を騙すような求人もネット上には数多く存在しています。

在宅ワークをする上で知っておきたい注意点を紹介します。

悪質な業者に気をつける

在宅ワークは仕事内容や報酬が曖昧で、稼げる仕事と稼げない仕事があるのは事実です。

その曖昧さを利用して嘘の文言を求人に盛り込んでいる業者がいます。

例えば、「1日5分スマホで簡単作業のみ!月に10万〜30万は誰でも稼げます」といった求人を見たことはないでしょうか?

こういった求人は作業内容が楽であることと報酬額しか記載しておらず、具体的な作業内容や報酬の仕組みについては説明がされていないことが多いです。

こういった悪質な求人の実態は、会員制のサービスや入会金・手数料などの支払いを求めるようなサービスであることが多く、結果として損してしまうことがほとんどです。

在宅ワークの求人に申し込む際は、具体的な仕事内容はどんな感じなのか、時給や単価は明確に記載されているかどうかを確認しておきましょう。

少しでも曖昧な文言であれば、無視しておく方がいいですね。

報酬が安すぎるケースがある

求人の内容からは悪質性が感じられないものの、報酬が異様に低いケースも在宅ワークにおいては珍しくありません。

在宅ワークは具体的な報酬相場があまり浸透しておらず、気軽にできるため人手が十分なのが原因です。

時給換算するとコンビニバイト以下になるような在宅ワークは相当数存在しており、こういった仕事ばかりしていると、クライアントからも足元を見られて安くこき使われてしまいます。

たとえ在宅ワークといっても、低賃金で良いように使われて良い理由にはならないので、報酬が適正かどうかの判断を常にしておきましょう。

まとめ

以上が稼げる在宅ワークの紹介と注意点についてでした。

基本的には「参入障壁が低い=稼げる」という認識で問題ありません。

少しでも多く稼ぎたい場合、専門性を身につけるか作業スピードを上げるしかないので、長期的に戦略を立ててみると良いと思います。

また、今回紹介したものはほとんどが今すぐできる仕事なので、一度やってみて自分に合うかどうかを確かめてみるのが一番ですね。





“副業でも稼げる!主婦にもおすすめな在宅での稼ぎ方を紹介” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。

    ブログランキングから訪問しました、松千代です。
    いつも拝見させていただいております。

    いろいろな稼ぐ方法がありますね。
    メリット・デメリットのコメントがあり、わかりやすかったです。
    どうもありがとうございます。

    また、訪問させていただきます。

コメントを残す