はじめまして、Takuyaと申します。

 

 

私は29歳の時(2017年)に脱サラし、インターネットビジネスで起業しました。

現在では、PC1台を使って、ほとんど時間をかけずに毎月500万円ほど稼いでいます。

 

これを聞くと、「なんか胡散臭いな~」や「それはあなただから出来るんでしょっ!」などと思われるかもしれません。

しかし、断言できますが、私に何か特別な才能があったわけではなく、インターネットビジネスでは正しい方向性の努力を行い、作業をしていけば、働いた分だけ収入というのは右肩上がりで増えていきます。

 

ここからは、自己紹介を兼ねて、私の過去を振り返っていきたいと思います。

元々、学生時代からビジネスに興味があり、「将来起業したいな~」とずっと考えていましたが、特にアイディアもスキルも人脈も無く、何も行動せずにダラダラと過ごしていきました。多くの人が「起業したいな~」と思っても、実際に行動に移せるのは極わずかだと思いますが、まさにそれと同じだったのです。

 

そんな中、新卒で就職したメガバンクでは本店勤務⇒海外勤務と、順風満帆な人生を歩んでいましたが、心の中では「何か違うぞ・・・」とずっとモヤモヤが漂っていました。

・毎朝6時に起きて、深夜まで残業。家に帰ったら寝るだけの生活
・いつも上司達の顔色をうかがって進める仕事
・行きたくもないのに参加しなければいけない会社の飲み会や会食
・身を粉にし、会社に誠心誠意つくす
・仕事のために生きているのか、何のために仕事をしているのか分からない生活

 

本当、猛烈に働いていたので、日曜日のサザエさんが始める頃には、いつも憂鬱になっていたのを覚えています。

でも、責任のある仕事を任せてもらっていたし、そのおかげで今の成功があるので、会社や当時の上司・同僚達には心の底から感謝しかありません!

 

そんなある時、何かのサイトでこんな記事を読みました。

『命とは時間のこと。サラリーマンは時間という命を犠牲にして会社から給料をもらっている』

その時、自分の中で何かとてつもない衝撃が走ったのを今でも覚えています。

「そうか、俺は貴重な命(時間)を削ってサラリーマンをしているのか」と。

人が死ぬ間際に一番思うことは、『もっと自分のやりたいことをやれば良かった』だと言われています。

たった一度の貴重な人生。
無駄なことはしたくない。
いつ死んでも後悔しない人生を送りたい。
もっと自由で、自分の好きなことをする、
人生を送りたい。

 

そう思った時、自分の進むべき道、そして覚悟は決まりました。
そして、何の迷いもなく即座に辞表を提出しました。

一度きりの人生 後悔だけはしたくない

 

起業して半年間は、1日14時間以上働いてもほとんど収益が上がらず、まさに地獄のような日々でした。

インターネットビジネスでは、多くの人がなかなか成果が上がらず途中で挫折していくと言われています。

ただ、私はそれらを事前に想定していたので、歯を食いしばって前へ進んでいきました。

起業をしてお金を稼ぐのが簡単なわけがありません。

そして、起業して半年間の収入はほぼゼロでしたが、7ヶ月目に月収150万円、8ヶ月目に300万円を達成。

今ではその仕組みの自動化に成功し、ほとんど何も働かなくてもお金が入ってくる状態を確立しました。

まさに、サラリーマン時代の何倍もの月収を、そして、何十倍もの自由な時間を手に入れました。

ストレスゼロのスローライフの実現へ

毎朝、無理に早く起きる必要もなく、満員電車に乗る必要もありません。

朝は優雅に喫茶店でコーヒーと読書、夕方はジムで汗を流して、疲れたらマッサージ、夜は気軽にお気に入りのバーへ、

というような毎日を送っています。まさにストレスはゼロで、のんびりとしているけど、ビジネスも好きなだけ出来るので充実した毎日です。

 

このブログでは、少し前の私と同じように、将来起業して、サラリーマンでは実現出来ない経済的自由と時間的自由を手に入れたい方向けに、インターネットビジネスの情報発信をしていきます。

是非、参考にしてください。