こんにちは、Takuyaです。

インターネットビジネスにおいて、多くの方が最初にあたる壁として、「集客」があります。

マーケティング手法として有名なDRMでは、集客⇒教育⇒販売の3つのステップで商品をセールスしていきますが、最初の集客でなかなかリストが集まらずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、これからインターネットビジネスを始める初心者の方でも分かるように、インターネット集客の全体像を説明していきます。

 

マーケティング手法:DRM

 

まずDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)では、DRM:興味のあるお客さんを集めて、情報を提供して信頼関係を築き、商品・サービスを販売していきます。

インターネットビジネスで最も大切なのは集客です。

 

どんなに良い商品やサービスがあっても、集客が出来なければ売れません。当たり前ですが、誰もその存在を知らなければ、興味を持ちようがありません。

逆に、集客に強ければ、商品やサービスの品質が少し悪くても、売り上げは上がります。そして、売り上げさえ上がれば、後から販売体制や品質向上をいくらでも向上させていくことが可能です。

集客の全体像

 

インターネット集客の方法としては、上図のようなチャネルがあります。

Webサイトは、WordPressやアメブロのような無料ブログ、HTMLで作成したホームページがあります。また、FacebookやTwitterなどのSNSや、You Tube、無料レポートスタンドも必須のチャネルです。

そして、お金をかけて早く集客をしたい場合には、メルマガ号外やリスティング、Facebook広告を行うという方法があります。

無料・有料の集客方法

 

集客の方法を有料、無料の方法に分けると、上図のようになります。

全て無料のメディアだけで集客を行っていくことも出来ますが、やはりWordPressは最初から用意しておきたいメディアでしょう。

 

無料の集客方法
・SNS(Facebook, Twitter, Instagram)
・You Tube
・無料ブログ
・無料レポートスタンド
・電子書籍
 など

有料の集客方法
・WordPress、HTML
・メルマガ号外広告
・リスティング広告
・Facebook広告
・You Tube広告
など

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

集客は最初のうちは有名人でもない限り誰でも時間がかかります。

焦らずにコツコツを作業を進めていくことが大切です。





コメントを残す