こんにちは、Takuyaです。

前回の記事では、集客の手段の一つとして、自分の無料レポートを掲載して、ダウンロードされれば読者が獲得できるサービスである「無料レポートスタンド」を紹介しました。

記事:メルぞう&Xam無料レポートスタンドでリストをザクザク集める

では、適当に無料レポートを作って掲載すれば読者が集まるか?と言われれば、結構人によって差が出てきます。

そこで今回の記事では、ザクザク読者が集まる魅力的な無料レポートのポイントについて紹介していきたいと思います。

 

こんな無料レポートはNG

まずその前に、「こんな無料レポートは絶対にNG」という例だけ説明します。

・コンテンツのクオリティーが低い (内容が薄い)
・タイトルだけすごい(1日5分で月収○○万円など)
・誰かの丸パクリ

 

上記の3つだけは避けなければいけないです。

一番避けたいのが、せっかく期待してダウンロードしてくれた読者をがっかりさせてしまうことです。

これは、その時点で読者の期待を裏切ってしまうので、今後はもう見られなくなる可能性があります。

また、タイトルだけすごくて中身が全然ないコンテンツも結構ありますが、これもダメですね。

誰かのコンテンツを丸パクリすることは言うまでもないですが、これらは全て自分のブランド価値の損害につながっていきます。

ダウンロードされやすい無料レポートの特徴

では、ダウンロードされやすい無料レポートの特徴はどんなものがあるでしょうか?

結論から言うと、無料レポートがダウンロードされるかどうかは、①表紙、②キャッチフレーズでほぼほぼ決まります。

そして最後の要素が③概要説明です。

ただ、表紙のデザインが悪く、キャッチフレーズが目に留まらなければ、ほとんど素通りされてしまうので注意しましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

これから無料レポートスタンドを活用する人は、まずはどんどん無料レポートを掲載していくのがいいと思います。

そうすれば、どんなレポートがダウンロードされやすいかが分かってくると思います。





コメントを残す