WordPressのメディアが成長してくると必ずと言っていい程、ぶつかる問題があります。

それは、画像ファイルの容量が大きくなり、ブログの表示速度が遅くなるという問題です。

 

これは実は、SEOの観点からは極めて重大な問題なのです。

というのも、SEOの評価項目には、ユーザビリティ(つまり使いやす)が含まれており、表示速度が速いサイトの方が、上位表示される傾向があります。

加えて、表示速度が遅いサイトは、ユーザーがすぐに閉じてしまう可能性が高く、そうなると、今度は滞在時間の方でも減点となってしまい、マイナスでしかないんですね。。。

 

では、どうすればいいのか?

 

一つの解決策としては、画像ファイルのサイズを小さくするという方法がありますが、これだと、画質が劣化してしまい、せっかくきれいに作った記事も、見栄えが悪くなってしまいますよね。

そんな時、大活躍するのが、今回紹介する「EWWW Image Optimizer」です。

これは、画質を劣化させることなく保ったまま、画像ファイルのサイズだけを圧縮してくれるプラグインです。今後アップする画像だけでなく、既にWordpressにアップして使用している画像も、簡単な操作で圧縮してくれます!

 

それでは早速、EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を見ていきましょう。

EWWW Image Optimizerの特徴

以下が、EWWW Image Optimizerの特徴です。

・画質を劣化させることなく保ったまま、画像ファイルのサイズだけを圧縮
・画像アップ時に自動でファイルサイズを圧縮してくれる
・既に使用している画像も一括で圧縮が可能
・使い方は非常にシンプルで簡単
・管理画面は日本語

EWWW Image Optimizerをインストールしよう!

まずは、EWWW Image Optimizerのプラグインをインストールしましょう。

ダッシュボードの、「プラグイン」→「新規追加」→EWWW Image Optimizerを検索、と進んでいきましょう。

そうすると、以下のEWWW Image Optimizerが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、有効化させましょう。

 

これで、EWWW Image Optimizer 7へのインストールは無事に完了です。

EWWW Image Optimizerの設定方法

それでは次に、EWWW Image Optimizerの初期設定を行いましょう。

ダッシュボード→設定→EWWW Image Optimizer→変換設定、と進んでください。

その中に、「コンバージョンリンクを非表示」という箇所があるので、チェックを入れて「変更を保存」をクリックしましょう。

 

これは、画像をアップロードした際に自動で圧縮処理が行われるのですが、拡張子の異なる画像が勝手に複製されたり、画質の劣化が起こったりと、不具合が起きる事例が報告されていますので、チェックを入れてそれらを防止しましょう。

EWWW Image Optimizerの使い方

実は以上で、これから画像をアップロードする時に、自動で圧縮の処理を行ってくれます。

非常に簡単ですね。

そして、既にアップロードして使用している画像を一括で圧縮したい場合には、「メディア」→「一括最適化」を選択し、その中の、「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックしましょう。

 

画像ファイルの数によって時間は異なりますが、これで、Wordpress内の全ての画像が圧縮されました。

今まで画像が重たく、表示が遅かった記事等も、このプラグインのおかげで表示スピードが改善されているはずです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

画像をたくさん使えばユーザーの理解力を助け、フレンドリーですが、その分、容量が大きくなって表示スピードが遅くなるなどのデメリットもあります。

そして、それは最終的に、SEO評価に関係してくるので、せっかく作った記事の検索順位が上がらないなどのデメリットもあります。

そんな時役に立つのが、今回紹介した、画質を劣化させることなく保ったまま、画像ファイルのサイズだけを圧縮してくれるプラグイン=EWWW Image Optimizerです。





コメントを残す