WordPressのURLやサイトタイトルの左側にあるロゴですが、以下のように自分オリジナルのモノに変えたいですよね?
このロゴ(マーク)はファビコンと言って、自分自身で簡単にカスタマイズすることが出来ます。まさにサイトのアイコンのようなものです。

 

<変更前>

<変更後>

 

そこで今回の記事では、賢威7のWordPressを使用している方向けに、ファビコンをカスタマイズする方法について解説をしていきます。

ファビコンの意味・目的

 

ファビコンの目的は、そのサイトを象徴するマークやシンボルなどを表示させて、たくさんサイトページが表示されている時に、いち早く目的のサイトを見つけやすくさせるために置かれています。

また、そのサイトのブランドを認識させますので、どのようなロゴやエンブレムを採用するかは非常に大事ですね。

ファビコンの変更方法

ファビコンの変更・カスタマイズはものすごく簡単です。

まずは、WordPressの管理画面を開き、「外観」→「カスタマイズ」をクリックしましょう。

 

すると、以下のような画面が表示されますので、その中の「サイト基本情報」をクリックしてください。

 

以下の画面が表示されたら、ここで画像を選択し、自分がファビコンに使用したい画像を選択します。

 

ファビコンのサイズは決まっていますので、もしサイズが合わないようでしたら、画像のサイズを小さくするか、以下のような画像の切り取りをして、調整をしましょう。

そして、ファビコンに使用するパーツが決まったら、「画像切り取り」をクリックします。

 

そして、最後に「公開」のボタンをクリックします。

 

はい。これで完了です。

WordPressのページを最新情報に更新すると、ファビコンが変更されているのが確認出来ます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

賢威にはもともとデフォルトでファビコンが用意されていますが、オリジナリティが無いので、自分のブランドの方向性が固まってきたら、自分オリジナルのロゴやマークを使用しましょう。

ロゴやエンブレムの作成は、ココナラやLancersを使用して外注をすれば、非常に安価でデザインをしてもらえますので、どんどん自分のコンテンツの質を高めていきましょう!





コメントを残す