WordPressを立ち上げたばかりの頃は、Googleクローラーがあまりサイトに来てくれず、検索エンジンにインデックス(掲載)されるまでに時間がかかります。

ただ、タイムリーな記事を書いて、一刻も早くインデックスしてもらってアクセスを集めたいという場面もありますよね?

 

そんな時役に立つのが、Google Search Console(サーチコンソール)の機能の一つである、Fetch as Googleです。

Fetch as Googleでインデックスしてもらうようにリクエストを出せば、立ち上げたばかりのサイトでもすぐに記事がインデックスされるようになりますよ。

非常に関単に出来ますので、その使い方を覚えましょう!

Fetch as Googleの特徴

Fetch as Googleの特徴を整理すると、以下の通りです。

<Fetch as Googleの特徴・メリット>
・新しく投稿した記事のインデックスのスピードを上げる
・Google Search Consoleを通して、Googleにインデックスの要請をする
・立ち上げたばかりでインデックスが遅いサイトでも有効
・注意点としては、回数に制限有

 

せっかく頑張って書いた記事が、検索エンジンにインデックスされるまでに1週間もかかっていては、鮮度も落ちてしまい、集客の観点からも不利ですよね。

そして、特に立ち上げたばかりのサイトは、Googleクローラーが巡回する頻度も低いので、他のライバルサイトと比べて、インデックスのスピードは不利になります。

そんな時役に立つのが、Fetch as Googleです。

 

Fetch as Googleは、Google Search Consoleの機能の一つです。

まだ、Google Search Consoleを設置していない方は、まずは以下の記事を参考に、設置しましょう。

記事:賢威7にGoogle Search Consoleを導入・設置する方法【最新版】

Fetch as Googleの使い方

では早速、Fetch as Googleの使い方を見ていきましょう。

まずは、Google Search Consoleにログインし、管理画面から、「クロール」→「Fetch as Google」を選択します。

 

そうすると、以下のような画面が出てくると思いますので、記事のURLの残りをブログURLに続いて入力し、「取得」をクリックします。

 

※ちなみに、「取得」と「取得してレンダリング」の二つがありますが、「取得してレンダリング」は、Googleクローラーが読み込んだHTMLデータがどのように画面で見えているか確認したい場合に使用します。

単純にGoogleにインデックスを依頼する場合には、「取得」を押すようにしましょう。

 

すると以下のような画面になりますので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

最後に、以下の画面が表示されたら、「私はロボットではありません」をクリックし、「このURLのみをクロールする」をクリックしましょう。

 

もし、新しい記事ないに、他にクロールしてほしいリンクが多数貼ってある場合には、下の「このURLと直接リンクをクロールする」をクリックしてもいいでしょう。

以上で、Fetch as Googleによるインデックスのリクエストは終了です。

 

非常に簡単ですね。

この後、Googleクローラーが来て、インデックスされるまでの時間はGoogle次第ですが、1日以内にはインデックスされている印象を受けます。

WordPressの初期の頃は、インデックスのスピードがかなり遅いので、意識的に、Fetch as Googleを使用して、Googleにインデックスをしてもらうようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

例えば、WordPressを始めたばかりのAさんとBさんの二人がいて、AさんはFetch as Googleを使ってがんがんインデックスをされているのに、Bさんは何もしていなかったら、どちらのブログが早く成長するかは明らかですね。

これは知っているかどうか、やるかやらないかの違いですが、自然と差はついて来てしまうので、しっかりと押さえておきたいポイントです。





コメントを残す