WordPressの運営において、いかに検索エンジンで上位に表示させ、集客できるかどうかはかなり重要です。

どんなに優れた情報を発信していても、検索エンジンに引っかからなければ誰もサイトに来てくれませんし、意味がないわけです。

 

検索エンジンへのインデックスをスピーディーに行ってくれるプラグインに「Google XML Sitemaps」があります。

今回の記事では、Google XML Sitemapsの導入・設定方法と、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)との連携方法について紹介をしていきます。

Google XML Sitemapsの特徴

以下、今回導入する「Google XML Sitemaps」のプラグインの特徴です。

<Google XML Sitemapsの特徴>

・XMLサイトマップを作成し、検索エンジンにインデックスされやすくする
・Googleクローラー専用の「目次」を作成する
・操作は非常にシンプルで簡単

 

Google XML Sitemapsは、Googleのクローラー(定期的にネットのウェブページを巡回し、インデックスするためのデータを取得している)専用の「目次」を自動的に作成してくれます。

クローラー用の目次データですので、実際に、サイト訪問者用の目次が出来る訳ではありません。

Google XML Sitemapsを導入することにより、Googleクローラーがブログに訪れる頻度が上がりますので、何もしていないブログと比べて、インデックスされるスピードが格段に上がるのです。

Google XML Sitemapsのインストール方法

それでは早速、Google XML Sitemapsをインストールしましょう。

ダッシュボードの、「プラグイン」→「新規追加」→Google XML Sitemapを検索、と進んでいきましょう。

そうすると、以下のGoogle XML Sitemapが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、有効化させましょう。

 

次に、Wordpress内の記事を新しく追加するか、既にある記事を更新しましょう。

そして、管理画面の「設定」→「XML Sitemap」と進んでいき、以下のような「Googleは変更について正しく通知されました」といった表示になれば、正しくインストールされたことになります。

 

以上で、Google XML SitemapのWordpressへのインストールは完了です。

これで既にGoogle XML Sitemapは作動していますが、更に効率的にインデックスを行っていくように、初期設定を行いましょう。

Google XML Sitemapsの初期設定

次に、Google XML Sitemapの初期設定を行いましょう。

そのままの状態でも問題ありませんが、今回は一例として、初期設定の方法について紹介します。

 

管理画面の「設定」→「XML Sitemap」と進んでいきましょう。

『基本的な設定』は、上の3つは全てチェックを入れます(デフォルトで入っている場合はOKです)。

 

『投稿の優先順位』では、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

 

『Sitemapコンテンツ』には、以下のようにチェックを入れましょう。
※固定ページもインデックスさせたい場合は入れましょう。

 

『Excluded Items』では、含めないカテゴリーに「未分類」は除きましょう。
SEOの観点からも、不要なページはインデックス候補から除外するのが、ブログの総合的な評価を高めるポイントです。

 

Google Search Consoleとの連携方法

最後に、Google Search Console でサイトマップをGoogleへ送信しましょう。

 

まだGoogle Search Consoleを設置していない方は、以下の記事を参考に、賢威へ導入しましょう。
賢威7にGoogle Search Consoleを導入・設置する方法【最新版】

Search Consoleの管理画面から、「クロール」→「サイトマップ」を選択します。

そして、サイトのマップの追加/テストをクリックして、『sitemap.xml』を入力して送信しましょう。

 

これで、Google XML Sitemapのプラグインで生成されたサイトマップがGoogleに送信されましたので、グーグルのクローラーを呼び込むことが出来ます。

もし、インデックスがあまりされていないと感じたら、定期的にサイトマップを送信すると、クローラーがサイトを巡回しやすくなります。

まとめ

以上、Google XML Sitemapsの導入・設定方法とSearch Consoleとの連携方法です。

いかがだったでしょうか。

せっかく良質なコンテンツを作っても、インデックスされなければ意味がないので、今回ご紹介した





コメントを残す