WordPressブログの運営を行っていく上で、欠かせないツールが、「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」です。

Google Search Consoleでは、自分のサイトの記事の検索順位や、どのキーワードでアクセスを集めているかの確認、HTMLの改善点の指摘、そして、早く検索エンジンにインデックス(登録)してもらうなどの重要な機能があります。

Googleアナリティクスの導入と同時に、Google Search Consoleも設置しましょう。

 

今回の記事では、賢威7のテンプレートを使用したWordPressに、Google Search Consoleを設置する方法について解説をしていきます。

最初にGoogleアナリティクスを導入しておけば、Google Search Consoleは非常に簡単に設置することが出来ますよ。

Google Search Consoleの特徴

一旦整理しますと、以下がGoogle Search Consoleの特徴です。

<Google Search Consoleで得られる情報>
・サイトの各記事の検索順位
・どのキーワードで検索にヒットするか
・検索時に何回表示されて、その後どの程度の割合でクリックされたか(CTR)
・エラーや警告等が発生
など

 

特に、Google Search Consoleには、「Fetch as Google」という機能があり、これを使うと、記事を書いた後に、すぐにGoogleの検索エンジンに掲載してもらうことが可能です。

トレンドアフィリエイトなどで、タイムリーな記事を書かれている方は、いかに早く検索エンジンへインデックスされるかが勝負なので、是非とも使いたい機能です。

※記事:Fetch as Googleの使い方|記事を最速でインデックスさせる方法

 

また、トレンドアフィリエイト以外の方であっても、インデックスに1週間もかかっているようでは非常にまずいので、「Fetch as Google」を適度に使って、重要な記事の場合はすぐにインデックスしてもらえるようにしましょう。

また、Google Search Consoleには、検索順位に影響を与える、エラーや警告などをしてくれる機能がありますので、もしそれらを受けた場合には、すぐに改善をして、検索順位ダウンのリスクを回避しましょう。

賢威7にGoogle Search Consoleを導入する方法

では、早速、Google Search Consoleを賢威に設置しましょう。

Googleサーチコンソールの公式サイト
 

Googleのアカウントが必要ですので、まだ持っていない方はサクッと作りましょう。

 

既に持っている方は、Google Search Consoleにログインしましょう。

そして、「プロパティの追加」をクリックしてください。

 

 

設置するウェブサイトのURLを入力して、「追加」をクリックしましょう。

 

ここで、サイトの所有者が本当に本人であるかどうかの確認をする必要があるのですが、既にGoogleアナリティクスを設置している場合は、超簡単にその確認が出来ます。

まだGoogleアナリティクスの導入が出来ていない方は、Google Search Consoleと並んで必要不可欠なツールですので、先に導入を済ませちゃいましょう。

記事:賢威7にGoogleアナリティクスを導入する方法・コードの設定方法【最新版】

 

サイトの追加をGoogle Search Consoleで行うと、以下のような画面が表示されます。

ここで、「確認」をクリックしましょう。

 

「サイトの所有権が確認されました。」との表示が出れば無事に成功です。

 

ちなみに、Googleアナリティクスを導入していない場合は、テーマ編集からサーチコンソールのコードを設置する必要があるので大変です。よって、GoogleアナリティクスとSearch Consoleはセットとして導入するのがベストです。

 

今回紹介した、①Googleアナリティクスを設置する、②Google Search Consoleを設置する、③Search Consoleをアナリティクスと連携される、④Google XML SitemapをGoogle Search Consoleと連携される、という手順で進んでいきましょう。

※④Google XML Sitemapの詳細については、以下の記事をご参考下さい。

Google XML Sitemapsの導入・設定方法とSearch Consoleとの連携方法【最新版】

Google Search Consoleをアナリティクスと連携される

以上でGoogle Search Consoleの賢威への導入は完了ですが、一緒にGoogleアナリティクスとの連携も行ってしまいましょう。

これもサクッと出来ますよ。

 

Googleアナリティクスの管理画面から、「管理」→「プロパティの中の全てのサービス」を選択しましょう。

すると、以下のような画面が出るので、Search Consoleとのリンク設定をクリックします。

その後、「緑色」のチェックが付けば、接続は無事にOKです。

Google XML Sitemapを連携されると連携される

最後に、Google XML Sitemapを送信しましょう。

これはGoogle XML Sitemapのプラグインをインストールした後に行う作業です。

まだの方は、以下の記事を参考に、Google XML Sitemapをインストールしましょう。
Google XML Sitemapsの導入・設定方法とSearch Consoleとの連携方法【最新版】

 

Search Consoleの管理画面から、「クロール」→「サイトマップ」を選択します。

そして、サイトのマップの追加/テストをクリックして、『sitemap.xml』を入力して送信しましょう。

 

これで、Google XML Sitemapのプラグインで生成されたサイトマップがGoogleに送信されましたので、グーグルのクローラーを呼び込むことが出来ます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

これらの機能があるのに使わないでWordpressを運営していたら、非効率極まりないです。

せっかく質の高いサイト・記事を作ったのに、Googleにインデックされなければ誰の目にも留まりませんし元も子もなくなるので、上記の対応はしっかりと行っていきましょう。





コメントを残す