米Googleは検索順位を決めるアルゴリズムの一つとてして、ページの表示速度を挙げています。

2018年にはページの読み込み速度をランキング要因にするSpeed Updteを発表して、スマホ独自の表示速度も導入されています。

つまり、ページの表示速度は、検索ランキングで上位を獲得するための重要な要素の一つであると言えます、

そこで今回は、検索順位を上げるために、ページの表示速度を改善する6つの具体的な方法と便利なツールをご紹介します。

SEOとは?

SEOについてそもそも何?って人は、以下の動画をご参考下さい。

 

関連記事:SEO(検索エンジン最適化)を分かりやすく解説[基礎編]

「Speed Update(スピードアップデート)」とは

2018年7月から実施されているGoogleのSpeed Update(スピードアップデート)の内容を確認しましょう。

新しいアップデートの内容は、簡単に言えば、ページの読み込み速度はモバイル検索のランキング要素にも影響されるということです。

ユーザーはスマホから検索したときに、ページの読み込み速度がサイトはイライラしたり、待たされることを避ける傾向にあります。

ユーザーは検索の答えを早く知りたい、時間がないときもすぐに情報を得たいと思っているのです。

そのため、ページの 読み込み速度はユーザー満足度に非常に影響すると考えられます。

従来から、グーグルはデスクトップ検索のランキングアルゴリズムに組み込まれていましたが、2018年7月からはモバイル検索のランキングにも影響されます。

今後もグーグルのスピードアップデートにより遅いサイトの順位は下がると予想されるので、対策が必要です。

ページの読み込み速度が遅い場合に考えられるデメリット

ページの読み込み速度が遅いサイトの場合、イライラした経験はありませんか?

特に急いでいなくても、表示されるのが遅い場合は、ページを離脱するユーザーも多く、直帰率が高くなります。

つまり、ページの読み込み速度が遅いサイトは検索順位が下がり、売上にも影響するので注意が必要です。

ここからは、ページの読み込み速度が遅い場合に考えられるデメリットを見ていきましょう。

検索順位が下がる

表示速度が遅いサイトのデメリットは検索順位が下がることが挙げられます。

2010年から米グーグルはPCページの検索順位はページ表示速度のアルゴリズムを導入しています。

表示速度が遅いサイトは、アクセス数(トラフィック)が下がるため、検索順位が下がります。

結果的に表示速度が遅いサイトは顧客満足度が下がり売上の低迷に繋がるので注意が必要です。

米グーグルのウェブマスターによれば、ページの反応が0.5秒遅くなるとアクセス数が20%低下すると発表しています。

Amazonの調査によれば、ページの表示速度が0.1秒遅くなると売り上げが1%低下したデータもあります。

直帰率が高くなる

ページ表示速度が遅くなると、 ユーザーの直帰が増加することを示したデータがあります。

グーグルの新しい調査によれば、表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上がります。

完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーはページを離れてしまうのです。

そして、モバイル向けのページが完全に表示されるまでに3秒以上かかると53%のユーザーはページを離れるというデータがあります。

特にモバイル向けサイトはページ速度がいかに大事なのか分かります。

ページの読み込み速度が遅いサイトは直帰率が高くなり、売上低迷の原因となるので対策が必要です。

ページの読み込み速度を改善する代表的な6つの方法

では、ページの読み込み速度を上げて検索順位の上位にキープするためには具体的にどう対策すれば良いでしょうか。

ここからは、今からでもできるページの読み込み速度を改善する6つの方法をご紹介します。

作業を開始する前には、サイトのバックアップを必ずとっておくことを忘れずに。

①ブラウザのキャッシュを活用する

ブラウザキャッシュとは、Webブラウザが表示したWebサイトのデータを一時的にパソコンに保存しておく機能のことです。

同じWebサイトを表示したときに、サーバーにアクセスして情報を取得してくる手間を省いて、パソコンに保存されたデータを表示します。

そうすることで、初めてページを表示した時よりも速くページを表示することができるのです。

サイトの表示を高速化するためには、Webサイトごとにキャッシュの保存期間を指定すると効果的です。

②画像ファイルのサイズを圧縮する

画像のファイルサイズはページ表示速度に大きく影響します。

画像サイズは小さいほどページ表示速度が速くなるので画像圧縮ツールなどを使って、画像ファイルサイズを小さくすると高速化に役立ちます。

 

画像を圧縮するおすすめのプラグインは以下のものです。

EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を覚えよう!

③JavaScript・CSSを縮小する

JavaScriptは数が増えるほど、通信が発生するのでページ表示速度が遅くなります。

複数ファイルに分かれているJavaScriptファイルの場合は、1つにまとめることで通信回数を減らすことができます。

また、JavaScriptのファイルサイズを小さくすることで表示速度が改善されます。

④不要なリダイレクトを減らす

リンク先ページのリダイレクトを多様すると余計な通信が発生し遅くなります。

PC用サイトとモバイル用サイトを別URLで分けている場合は、最終的なURLへ複数回リダイレクトされるので表示速度が遅くなります。

PC用サイトとスマホ用サイトのHTMLとコンテンツを、同一ソースで提供するレスポンシブデザインで構成すると速度改善が見込めます。

⑤プラグインの数を減らす

WordPressで作ったサイトはプラグインを入れ過ぎによる表示の遅れ、一部のプラグインがかなり処理速度を遅延させている可能性があります。

プラグインの数が多い場合はデータベースへのアクセスに時間がかかり、ページの速度表示が遅くなります。

無駄なプラグインは削除して、データベースやブラウザでキャッシュを作ることができるプラグインを入れておけば、ページ表示速度が大幅に改善されます。

⑥サーバーの強化を行う

ページ表示速度を改善するには、サーバースペックを高めると効果的です。

例えば、回線速度の数値が大きいほど表示速度が速くなり、CPUとコア数、メモリ数は数値が大きいほど処理が速くなります。

HDDよりも処理が速いSSDへ切り替えるのも速度アップに役立ちます。

そして、共有サーバーは複数ユーザーで回線を共有しているため表示速度に影響されやすいので、専用サーバーへの切り替えもおすすめです。

 

おすすめのサーバーは以下のXサーバです、

Xサーバー(エックスサーバー)の評判・特徴と契約方法について

ページ読み込み速度の測定や改善に役立つ万能ツール3選

実際、自分が運営しているページ表示速度は速いのか遅いのかを調べるにはどうすれば良いのでしょうか。

おすすめはGoogleが無料で提供している「Test My Site」、「 Google PageSpeed Insights」、「 Googleアナリティクスの ページ速度」の3つのツールです。

①TestMySite

Test My Site

スマホページの表示速度を測定するならTest My Siteでチェックしましょう。

▽分かる改善速度

・3G回線での表示速度
・訪問者の想定 離脱率
・同じ業界内の速度比較

日本の場合は4G回線が中心のため、業界内でサイトが遅いのか速いのかを比較することができます。

②PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

PCとスマホページの表示速度を同時に計測できる無料ツールです。

PageSpeed Insightsは調べたいページの URLを入れて計測をするだけで、表示速度と体感速度の状態などを表示してくれます

使い方は、ページの表示速度を計測したいWebサイトのURLを入力して 分析ボタンを押すだけなので簡単なのも嬉しいポイント。

PCとスマートフォン両方のスピードを100点満点で測定されるので、最低でも70点を目指しましょう。

③Google Analytics

GoogleアナリティクスはPageSpeed Insightsと同様にページ表示速度を出すことができます。

ページ毎の表示速度が一覧表示されるので、使い勝手がよくおすすめです。

 

Google アナリティクスについては、以下の記事もご参考下さい。

記事:賢威7にGoogleアナリティクスを導入する方法・コードの設定方法【最新版】

まとめ

今回は、検索順位を上げるためにページの表示速度を改善する6つの具体的な方法と便利なツールをご紹介しました。

グーグルのスピードアップデートにより、遅いサイトは順位が下がり、売上にも影響するのでしっかり対策していきましょう。





コメントを残す