前回の記事:SEO(検索エンジン最適化)を分かりやすく解説[基礎編]では、SEOがそもそもどんなものか、そして、集客の観点から、どうしてSEO対策をする必要があるのかを説明しました。

 

そして、今回の記事では応用編ということで、具体的なSEOの対策について簡単に解説をしていきます。

SEOは内部対策と外部対策の二つがある

SEOの対策については、内部対策と外部対策の二つがあります。

そして、Googleのアルゴリズムが、各サイトの内部・外部の様々な項目を評価し、検索順位を決めています。

ここで、具体的に評価をするGoogleのアルゴリズムの中身がどうなっているかは公表されておらず、誰にも分かりません。

 

ただ、Googleには公表している10個の企業理念があり、それらにアルゴリズムや検索エンジンの評価に関するヒントが隠されています。

内部対策と外部対策について解説する前に、企業理念について押さえておきましょう。

Googleの10個の企業理念を知ろう!

以下は、公表されているGoogleの10個の企業理念です。

Googleの10の理念
1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
3. 遅いより速いほうがいい
4. ウェブ上の民主主義は機能します
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている
8. 情報のニーズはすべての国境を越える
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる
10. 「すばらしい」では足りない

 

ここから一言で言うと、「本当に役に立つコンテンツが検索上位に来る」ということが分かります。

当たり前ですが、検索エンジンの目的は、役に立つ情報を提供するサイトを上位に挙げて、読者の悩み・疑問を解決させることです。

全く役に立たないサイトが上位に来てしまったら、誰もGoogleを使わないですからね。

そして、Yahooの検索も、基本的にGoogleの検索順位と同じなので、本当にユーザーの役立つ情報を提供するコンテンツを作っていくことが大切なのです。

SEO内部対策について

「役に立つコンテンツを作る」と言ってみたものの、じゃあどんなコンテンツがいいだよ?と疑問に思われた方も多いでしょう。

では具体的に、どんな項目があるのかを見ていきましょう。

<SEO内部対策の整理>
・記事タイトルを考える
・内部リンクを増やす
・読まれる文章を書く
・更新頻度を高める    

 

まず、SEO内部対策の一つとして、記事のタイトルを工夫することがあります。

タイトルは、その文言を少し変えただけで、検索順位が一気に上がったというケースもあるくらい非常に大切です。

ポイントとしては、キーワードをタイトルには絶対に含め、かつ、いかにクリックされやすいタイトルにするかが勝負です。

 

また、内部リンクを増やすことも、1ユーザーあたりの滞在時間を増やしてくれますので有効です。(内部リンクを貼り過ぎても良くないので、あくまでユーザーが便利になるように張るのが鉄則です)。

そして、SEOの王道として、「読みやすい品質のいい記事を書く」というのがあります。

例えば、動画や画像を織り交ぜたり、書き方を工夫することがそうですね。

記事がしょぼかったら、ユーザーはすぐにそのサイトを閉じてしまうので、自然と、SEOの評価も下がってしまうのです。

SEO外部対策について

そして、もう一つの方法が、外部対策です。

これは、一番有名な方法に、被リンクの数を増やすことがあります。
ちなみに被リンクとは、外部のサイトに自分のサイトのリンクを張ってもらうことを指します。

また、SNSで拡散して、サイトの露出度を高まる方法も効果的ですね。

<SEO外部対策の整理>
・被リンクの数を増やす
・SNS(FacebookやTwitter等)を使ってサイトの露出度を上げる

ここで注意したいのが、被リンクの自作自演は絶対にしないこと。

ひと昔前は、無料ブログを大量に作って、被リンクをガンガン張って自作自演で検索順位を上げる方法があったのですが、Googleのアルゴリズムのアップデートにより、それらのサイトは全滅しました(圏外に飛ばされました)。

あくまで、自然な被リンクを増やしていくことが、SEO強化につながっていくのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

SEOに近道はありません。

小手先の逃げ道に頼ったサイトは、一時的には検索順位が上がるかもしれませんが、すぐに飛ばされてしまいます。

本当にユーザーの役に立つコンテンツ作成を心掛けていきいましょう。





コメントを残す