WordPressのブログ記事を読んでいると、よく、最初の方に目次が表示されていますよね?

あれはどうやって作っているかと知りたい方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、Table of Contents Plusというプラグインを使って、Wordpressの記事内に自動的に「目次」を作成する方法について解説をしていきます。

Table of Contents Plusを使えばとっても簡単に、以下のようなおしゃれな目次を作ることが出来ますよ。

Table of Contents Plusの特徴

Table of Contents Plusの特徴は以下の通りです。

<Table of Contents Plusの特徴>
・記事内に「目次」を自動的に作成できる。
・目次の段落は、見出し用のタグ(H1~H6)で決まる。
・どのタグまで目次を作るかなど、細かい設定が可能。
・使い方は非常にシンプル

 

Table of Contents Plusのインストール方法

それでは早速、Table of Contents Plusのプラグインをインストールしましょう。

 

ダッシュボードの、「プラグイン」→「新規追加」→Table of Contents Plusを検索、と進んでいきましょう。

そうすると、以下のTable of Contents Plusが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、有効化させましょう。

 

これで、Table of Contents Plusのインストールは完了です。

Table of Contents Plusの設定方法

次に、Table of Contents Plusの設定を行っていきましょう。

まず、管理画面→プラグイン→Table of Contents Plusの「設定」をクリックします。

そうすると、以下のような画面が出ますので、必要に応じて設定を行っていきます。

 

 

まずは、「①目次の位置」を決めましょう。基本的に、デフォルトの最初の見出しの前にしておくのが最適です。

そして、「②最小の見出し数」では、見出しが最低いくつ以上ある時に、目次を生成するかを決めます。例えば、表示条件を4つ以上の見出しがある時にした場合、見出しが2つしかない記事の場合には、目次は表示されません。

③では目次を表示したい場所を決めます。

④では、テキストを変更したい場合に使います。デフォルトでは英語になっていますので、日本語にしたい場合は、それぞれ日本後を入力しましょう。

目次に番号が不要な場合は、⑤でチェックを入れます。

 

目次のデザインは、⑥で変更可能です。お好みのデザインを選択しましょう。

 

そして、上級者向けの変更となりますが、目次に含ませたくない見出しタグがある場合は、以下の箇所でチェックを外しましょう。

 

以上で、Table of Contents Plusの設定は完了です。
非常に簡単に出来て、使いやすいですね。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

目次が記事に入るだけで、最初に記事の構成が分かるので、読者からすれば非常にありがたいですね。

サクッと簡単に導入できるプラグインなので、目次を表示させたい方は是非使ってみましょう。





コメントを残す