WordPressのビジュアルエディタは、HTMLの知識がない方でも簡単に操作でき、文章を書くことが出来ます。

しかし、今回紹介する「TinyMCE Advanced」のプラグインを導入することで、機能を拡張させることが可能で、ビジュアルエディタがより便利になります。

 

以下は、デフォルト時のエディタメニューと、TinyMCE Advancedを導入した後のエディタメニューの比較ですが、更に機能が増えていますね。

<デフォルト時のエディタメニュー>

<TinyMCE Advanced後のエディタメニュー>

 

今回の記事では、TinyMCE Advancedの導入方法と、設定方法について解説をしていきます。

 

TinyMCE Advancedの導入方法

まずは、TinyMCE Advancedのプラグインをインストールしましょう。

ダッシュボードの、「プラグイン」→「新規追加」→TinyMCE Advancedを検索、と進んでいきましょう。

そうすると、以下のTinyMCE Advancedが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックし、有効化させましょう。

 

これで、TinyMCE AdvancedのWordpressへのインストールは完了です。

TinyMCE Advancedの設定方法

次に、TinyMCE Advancedの初期設定を行います。

「ダッシュボード」→「設定」→「TinyMCE Advanced」と進むと以下の画面が表示されます。

ここで、『使用しないボタン』の中から、必要な機能をエディタメニューへ追加しましょう。マウスを使って、ドラッグ&ドロップで関単に追加することが出来ます。

 

設定方法は以上です。

非常に簡単で、シンプルに設定を変更することが出来ますね。

ビジュアルエディタの使い方

ビジュアルエディタは、HTMLの知識がない方でも、簡単に文字を装飾して、きれいな記事を制作することが出来ます。

以下、主に使用するビジュアルエディタの機能です。

 

これは、「習うより慣れろ!」の世界なので、色々な機能をご自身でどんどん試していきましょう。

最初のうちは慣れないかもしれませんが、使用しているうちに、どんどん機能を覚えていきますよ。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

WordPressのビジュアルエディタはデフォルトの状態でも、最低限の機能は備わっていますが、TinyMCE Advancedをインストールすることで、更にその機能を拡張することが出来、効率アップすること間違いなしです。





コメントを残す