せっかくYou Tubeに動画を投稿したのに、全く検索結果に表示されないで、視聴されない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

実は、上位表示させるためにはいくつかのテクニックがあり、それを知っているか知らないかで、再生回数は全然変わってきます。

今回の記事では、You Tube動画を検索結果の上位表示させるために必要不可欠な、3つのテクニックについて紹介していきたいと思います。

上位表示を可能にする3つのテクニック

ある程度、ネットビジネスの経験がある方ならば既にご存知かと思いますが、You TubeもGoogleと同じようなアルゴリズムを使って各動画を評価しており、検索順位の結果を決めています。

そして、その評価に関係してくるのは、以下の3つです。

<上位表示に不可欠な3つのポイント>
① タイトルを意識する
② タグに関連ワードを散りばめる
③ 再生時間を高める

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

タイトルを意識する

まずはタイトルの作成です。

検索結果で上位表示させるためには、このタイトルをいかに作るかが重要です。

タイトルを決めるにあたって、まずは、そのコンテンツのキーワードは何かを探しましょう。

そして、そのキーワードを出来るだけタイトルの左側に持ってくるようにしましょう。

 

例えば、今、あなたが「アフィリエイト」について解説をする動画を制作したとします。

その場合、キーワードは(当たり前ですが)「アフィリエイト」なので、必ずタイトル内に含める必要があります。
そして、出来るだけタイトルの左側に持ってくるのがいいでしょう。

良い例:「アフィリエイトで稼ぐための方法を完全解説」
悪い例:「分かりやすく説明したアフィリエイト講座」

 

また、関連キーワードは何かを探して、それを更にタイトルに加えることも有効です。

関連キーワードは、例えば、You Tubeで「アフィリエイト」と検索してスペースを入力した時に、下に出てくるアフィリエイトとその他のワードの組み合わせのことです。

 

これは、『アフィリエイト』だけだったら、かなりライバルが多くいて検索結果が多いことが想定されますが、『アフィリエイト 始め方』などとすれば、検索結果が絞られるので、自然と上位表示される可能性が高まります。

タグに関連ワードを散りばめる

そして二つ目が、You Tubeのタグ機能に関連キーワードを散りばめることです。

タグとは、You Tube動画を投稿する際に出てくる以下のような部分です。

 

タグは、動画に関連していて検索されそうなワードを見極めて入力するのが有効です。

例えば、『アフィリエイト』について説明する動画の時
⇒アフィリエイト、アフィリエイト 初心者、副業、ネットビジネス、稼ぐ方法・・・ 等

ここで、あまりタグを入力しすぎると、スパム扱いされるリスクもあるので、タグは4~6個程度に抑えましょう。

再生時間を高める

最後のポイントは、再生時間を高める努力をすることです。

実は、You Tubeの評価は、再生回数よりも再生時間が重要で、再生回数が多くても全く再生時間がその割に少ない場合には、評価が下がって上位表示されません。

逆に、しっかりと最後まで見られている動画、自然と評価が上がって上位表示されていきます。

 

再生時間が多い動画 ⇒ 「良い動画」という評価
検索結果で上位表示を狙うには、You Tube側の評価を上げる必要
  (再生時間、いいね評価、再生回数 等)

再生時間を高めるためには、視聴者に見てもらえる良いコンテンツを作る以外ありません。

どんなに自分が真剣にまじめに作っても、すぐに閉じられてしまう動画では全く意味はありません。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

You Tubeの検索順位が上位になれば、再生回数も増えてチャンネル登録者数も増えていきます。

是非、今回の記事で説明をしたYou Tube動画を検索結果の上位表示にさせるために必要不可欠な3つのテクニックについて、意識するようにしてみてください。





コメントを残す