こんにちは、Takuyaです。

You Tubeの動画を作成しようと思ったけど、中々上手く作れないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

You Tubeは、集客やブランディングに極めて有効ですが、文章と違って動画コンテンツはその人の実力が顕著に表れてきてしまいます。

そこで今回は、初心者の方向けに、動画を作る際にどんなポイントに意識していけばいいのかについて説明をしていきます。

 

意識すべき5つのポイント

You Tube動画を作る際に意識すべき5つのポイントは以下の通りです。

① 要点を事前にまとめる
② OP/EDを入れる
③ 視聴者と会話している感じを出す
④ 音質に気を配る
⑤ 編集をする

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

① 要点を事前にまとめる

まずは、事前に要点をしっかりとまとめることです。

アドリブでまとまった話が出来る人は別ですが、一番避けたいのが、まとまりのない話をダラダラしてしまうことです。

これは、聞いている方も、何が大切なのかよく分からず、すぐに飽きてしまいます。

なので、必ず自分が話す内容は事前にしっかりまとめておきましょう。

② OP/EDを入れる

動画の最初と最後に、自分オリジナルのオープニングとエンディングを入れることは有効です。

OP/EDは、印象に残りやすいので、自分のブランディング強化につながっていきます。

OP/EDの作成方法については、以下の記事もご参考下さい。

記事:YouTubeのOP/ED(オープニング/エンディング)を誰でも簡単に作成する方法

③ 視聴者と会話している感じを出す

原稿を作ることは大事ですが、ただそれを淡々と読み上げるのはNGです。

これほどつまらない動画は有りません。

かならず、原稿がある場合でも、アドリブで話しているような雰囲気を出しましょう。

動画で、視聴者に質問を投げかけたり、フリートークを交えたりすることは有効ですよ。

④ 音質に気を配る

音質に注意することは超大切です。

音質が悪ければ、その時点でアウトです。誰も、雑音が入っていたり、聞き取りにくい音質の動画なんて見たくないですからね。

かならず周囲の雑音に注意し、高音質なマイクを使用しましょう。

おすすめマイクについては、以下の記事もご参考下さい。

記事:Youtubeの動画撮影(顔出し無のパワポ動画)におすすめのマイク2選!

⑤ 編集をする

そして最後は、しっかりと編集をして、余分なところをカットすることです。

必要に応じて、注釈を入れたりするのも有効でしょう。

カムタジアスタジオを使えば簡単に動画の編集を行うことが出来ますので、導入してみるのがいいでしょう。

カムタジアスタジオの詳細は、以下の記事もご参考下さい。

記事:Youtubeの動画(画面やパワポ)ソフトはカムタジアスタジオで簡単編集!

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

動画のクオリティー如何で、その後のビジネスの展開が変わっていきますので、上記のポイントを参考にして作成していきましょう。





コメントを残す