ビジネスなどの場面で何かを提案・説明する時、パワーポイントによるプレゼン資料を作る必要があります。

ただ、パワーポイントの使い方にあまり慣れていない方は、なかなか思うようにきれいでまとまった資料を作ることに難しさを感じているのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では、プロ並みに美しくまとまりのあるパワーポイント資料を作成するために意識しておきたい7つの秘訣について解説をしていきます。

意識しておきたい7つの秘訣

パワーポイントを作成する際に、意識しておきたい7つのポイントは以下の通りです。

1. きれいなテンプレートを用意する
2. 文字は大きく、そして書きすぎない
3. 協調したいワードは色を変える
4. 図形を効果的に使う
5. 画像を適宜挿入する
6. アニメーションを使う
7. SmartArtを使いこなす

 

それでは早速、それぞれについて見ていきましょう。

きれいなテンプレートを用意する

まずは、テンプレートを用意しましょう。

パワーポイントのテンプレートの導入方法について分からない方は、以下の記事もご参考下さい。

記事:パワーポイントによるプレゼン資料の作り方を徹底解説[基礎編]

 

 

テンプレートは、シンプルで見やすいものを選択しましょう。

また、自分の特性に合ったものを選ぶことが大切です。
ビジネスであれば、ビジネスチックの印象を与えるデザインがいいですし、女性関連のプレゼン資料であれば、女性っぽいプリティーな感じのデザインがいいでしょう。

また、背景にインパクトがあるのは出来るだけ避けましょう。

文字があまり目立たなくなってしまいます。

文字は大きく、そして書きすぎない

そして、初心者の方がよくやってしまう間違いとして、文章を全てパワポに書いてしまうことがあります。

しかし、これはNGで絶対に避けましょう。

と言うのも、パワポの資料が読みものとしても使用される場合は問題ありませんが、プレゼン資料で文章が多いと、非常に見にくいです。

ポイントだけを絞って、箇条書きで記載。
後は、言葉でじっくりと説明するというスタンスを取りましょう。

協調したいワードは色を変える

そして、次のポイントは、重要なワードの色を変えるということです。

あまり色を使い過ぎても逆に見にくくなってしまいますので、2~3色程度で、インパクトを与えたい場合に使用しましょう。

図形を効果的に使う

次のポイントは、図形を効果的に使用することです。

パワーポイントでは、以下のような図形を使って関単にまとめることが出来ます。

これを全部文章で表現したらガチャガチャしてしまいますが、図形だとシンプルで非常に見やすいですね。

画像を適宜挿入する

そして、画像を適宜挿入するようにしましょう。

文章だけで説明するよりも、画像を入れて視覚的に訴えた方が、プレゼンの効果が高まります。

アニメーションを使う

アニメーションも積極的に使った方がいいですね。

アニメーションを使うことで、見ている人を飽きさせないですし、プレゼンのレベルが一段上がるでしょう。

 

アニメーションの使い方については、以下の記事もご参考下さい。

パワーポイントによるプレゼン資料の作り方を徹底解説[基礎編]

SmartArtを使いこなす

そして最後は、SmartArtを使うことです。

SmartArtは以下のような図形で、すでにテンプレートとしてパワーポイントに装備されている機能です。

図を挿入してこれらを作成することも出来ますが、SmartArtを使用すればサクッと関単に作ることが出来ますので、是非使いこなせるようになりましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

パワーポイントは本当に、その人の個性が出ます。

分かりやすい資料を作ることが出来れば、それだけでライバルに差を付けることが出来ますので、練習して作成のスキルを高めていきましょう。





コメントを残す