ビジネスで何かを解説した動画を作成する際には、パワーポイント(Windowsの場合)を使ってプレゼン資料を作ることは必須のスキルです。

そこで今回の記事では、はじめてパワーポイントを使う人でも分かるように、プレゼン資料の作り方の説明をしていきます。

パワポの使い方を動画で説明

 

動画で主要な機能を開設していますので、是非参考にしてみてください。

パワポのデザイン設定をしよう

パワーポイントを新しく開いたら、まずは、デザインの設定をしましょう。
何もデザインを加えないと、真っ白の状態なので、シンプル過ぎて魅力的じゃないですよね。

 

上のメニューの「デザイン」をクリックして、自分の好きなデザインを選んでください。

 

多くの種類があるので、いくつか試してみて選びましょう。

そうしたら次は、メニューの「挿入」を選択し、「新しいスライド」をクリックして挿入しましょう。

 

色々な種類がありますので、自分が作りたいスライドの構成に合ったものを選びましょう。

スライドに文字を書こう

そうしたら次に、スライドの中に文字を書いていきましょう。

直接、「テキストボックス」の中に文字を入力すればOKです。
もし、文字に装飾を加えたい場合には、メニューバーの「ホーム」を選択し、その中の「フォント」や「段落」を操作しましょう。

 

図形を挿入しよう

パワポは文字だけではなく、図形やSmartArtと言って、既に作られたグラフィックを挿入することが出来ます。

 

挿入の仕方は、メニューの「挿入」を選択し、その中の、「図」の中で加えたい図形やSmart Artを選択すればOKです。

 

アニメーションを加えよう

パワーポイントで解説をする時に、アニメーションがあればプレゼンの内容がかなりレベルアップします。

 

アニメーションを加えるのも非常に簡単で、まずは動きを付けたい要素(テキストボックスや図など)をクリックして、メニューの「アニメーション」を選択し、自分の好きな動きのアニメーションを加えて下さい。

 

これだけで、関単にアニメーションを加えることが出来ます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

はじめてパワーポイントを使用される方は、最初は大変かもしれませんが、使用しているうちに慣れてくると思いますので、どんどん操作して、使い方を覚えていきましょう。





コメントを残す